[敏感肌 クレンジング/効果]乾燥させないクレンジングを選ぶポイント

効果の高いクレンジングを選ぶポイント

敏感肌のクレンジングで効果として欲しい3つのポイントは「天然由来成分100%で肌に優しい」「W洗顔不要で毛穴の汚れを一発で除去する効果」「美容液成分配合で保湿もエイジングケアもできる効果」です。

これらの効果があるクレンジングを選べば、敏感肌でも健やかな肌を保ちながら、スキンケアができますよ。

人気の敏感肌クレンジングはこちら

効果の高いクレンジングを選ぶポイント(1)肌に優しい天然由来成分100%

天然由来成分のクレンジング

クレンジングは汚れを落とすものですが、強力な洗浄効果があればいいというものではありません。

強力な洗浄効果は、時に肌に必要な水分や油分を取り除いてしまい、結果として乾燥肌を招いてしまうからです。また、敏感肌の場合は強い洗浄成分が肌を刺激して、ヒリヒリしたり赤みを帯びたりと肌トラブルの元になります。

敏感肌が求めるクレンジングで大事なのは、肌に優しい低刺激な成分で作られているかどうかです。

クレンジング剤を構成するのは大きく分けると、界面活性剤と水分と油分、あとは防腐剤や安定剤などです。これらはすべて天然由来から作ることができます。

ただ、メーカーによっては安価で作れる合成界面活性剤を使ったり、化学成分の防腐剤に頼ったりして、洗浄効果やコストを優先する場合があります。

肌に優しいクレンジングを選ぶ目安として、無添加かどうか、天然由来成分かどうか、オーガニック原料を使っているかどうかに注目して選ぶと良いでしょう。

天然由来成分100%で国産オーガニック原料を使用したクレンジングはこちら

効果の高いクレンジングを選ぶポイント(2)W洗顔不要で毛穴汚れを一発除去

w洗顔不要のクレンジング

通常スキンケアというのは、クレンジングをしてから、洗顔料で洗顔してから始めます。いわゆるダブル洗顔というものですね。

しかし、ダブル洗顔は肌の水分や油分を洗いすぎてしまうことがあるので、敏感肌のように皮膚が薄い人にとっては肌への負担が大きくなります。

ダブル洗顔が必要な理由は、一般的なクレンジング剤は油性のメイク汚れを落とす機能しかなく、汗や古い角質などを落とす機能がないからです。

最近ではクレンジングでも洗顔機能の付いた「ダブル洗顔不要」のものが販売されており、クレンジングだけでメイク落としも洗顔もできます。

肌に負担をかけないように、クレンジングだけで汚れをしっかり取り除いて、必要な水分や油分を残しておくことができるクレンジングが敏感肌にはおすすめです。
ダブル洗顔不要で角栓をしっかりケアできるクレンジングはこちら

効果の高いクレンジングを選ぶポイント(3)美容液成分配合で保湿もエイジングケアもできる

美容液成分配合クレンジング

クレンジングや洗顔して肌がつっぱったという経験がありますよね?

クレンジングは洗い流すから、保湿やエイジングケアができないと思っている人もいますが、実は保湿もエイジングケアも可能です。

例えば洗顔料でも肌がつっぱらないものがあるように、肌の角質層に保湿成分や美容液成分を届けながらクレンジングもできます。

保湿成分や美容液成分で代表的なものにヒアルロン酸Naがありますが、ヒアルロン酸というのは人の体内にもともとある成分なので、角質層に浸透しやすくなっています。クレンジングはメイク汚れや古い角質を浮かせて、肌から引き離します。その時に保湿成分や美容液成分が素肌に浸透するというわけです。

そのあとに浮かせた汚れをすすぐので、すでに角質層に浸透した保湿成分や美容成分は流れ落ちないのです。

だから、クレンジングで肌を乾燥させないために、保湿成分や美容液成分がたっぷり入ったクレンジング剤を選ぶのは、美肌への近道になります。

美容液成分99%でエイジングケアも可能なクレンジングはこちら

敏感肌のクレンジングの保湿成分による効果

美肌効果

敏感肌のクレンジングの保湿効果は、肌のハリとツヤをアップさせるのにとても重要です。若々しい肌というのは、弾力がありたるみがなく(ハリ肌)キメが細かく整っていて透明感のある(ツヤ肌)状態ですよね。

ハリとツヤというのはよく同じように語られますが、実は異なるものです。しかし、互いに影響し合う関係ではあるので、どちらも美肌をキープするのに欠かせません。

ハリ
ハリは肌がリフトアップしている状態で重力に負けずにピンと張った状態のこと。ハリは皮膚の奥の層である真皮や皮下組織、表情筋などが影響しています。その中でも真皮にあるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸、プロテオグリカンがバランスよくらせん状の構造を保っていることが重要です。また、ハリは真皮の影響が大きく、真皮は3年から5年かけて生まれ変わるため、一旦失ったハリは取り戻すのが大変です。
ツヤ
ツヤというのは表面上の見え方に関係するもので、透明感やキメが細かいなどと表現されます。肌の表皮の層である角質層の油分と水分のバランスが良くラメラ構造が健やかであればツヤ肌と言えます。また、メラニン色素などシミやくすみがある場合は光の反射を妨げるので、ツヤがあるとは言えません。ツヤは角質層のバリア機能が正常でターンオーバー機能がスムーズに働いているとキープできます。角質層は1ヵ月から数か月で生まれ変わるので、スキンケアによって比較的改善しやすいと言えます。

ハリが無くなると肌がたるみほうれい線や小じわが目立ってきます。また、フェイスラインもスッキリせず老けて見えてしまいます。ハリは皮膚の奥の真皮が影響しているのですが、真皮がダメージを受けるのは表皮(角質層)のバリア機能が低下して紫外線の影響が真皮に届いてしまうことです。

つまり、角質層のバリア機能が正常でないとツヤだけでなくハリにも影響してしまうというわけです。

角質層を健やかに保つクレンジングは、まず第一に肌に刺激が少なく、毛穴の皮脂汚れをしっかり落としつつも、肌のNMF(天然保湿因子)やセラミドを流しすぎないということです。

w洗顔不要のクレンジングなら洗いすぎということはなく、保湿成分も配合されているので、肌の潤いを保ちつつ肌を健やかに清潔にする効果があります。

保湿効果抜群の美容液成分99%配合のクレンジングはこちら

敏感肌クレンジングで保湿効果の高い成分

保湿効果

クレンジングでも保湿効果はとても大切だと説明してきました。そのためクレンジングに配合されている保湿成分をチェックすることはとても大事です。

保湿成分の中にもいろいろなタイプのものが存在します。例えばセラミドのように角質層で水分を逃がさないように挟み込んで閉じ込めるタイプや、ヒアルロン酸のように1gで6リットルの水を抱え込んで留まるタイプ、それからアミノ酸のように近くの水分を吸収する性質のものなどです。

敏感肌の人がクレンジング剤を選ぶときには、以下のような保湿成分に着目して選ぶことをおすすめします。

セラミド

セラミドは誰でも一度は聞いたことがあるほど保湿成分としては有名ですよね。しかし、実はセラミドは厳密には脂質、つまり油にちかいものでセラミドだけでは保湿効果は得られません。

実はセラミドは角質層のバリア機能の要であるラメラ構造を保持するのに一役買っています。ラメラ構造は肌の油分と水分がミルフィーユのように層をなした構造のことで、この構造が美しく整っていればいるほどバリア機能が高く美肌が得られます。

水は油を通さず、油は水を通さない、それが層をなしたときに角質層はいろんな刺激物から肌を守れるというわけです。化粧品などでは「保湿成分」とわかりやすく書いたほうが伝わりやすいので、そのように表記されていることが多いというわけです。

バリア機能が正常化すれば、敏感肌や乾燥肌、アトピーやニキビなど、あらゆる肌トラブルを改善する可能性があるので、ある意味保湿成分より重要な役割をするということで、セラミドが配合されているクレンジングはとても優秀だと言えます。

セラミドはスフィンゴ脂質と呼ばれることもあります。

大豆レシチン

化粧品の成分としては水添レシチンと呼ばれ、ダイズなどに含まれるリン脂質であるレシチンに水素を添加し安定性を高めた保湿成分です。

大豆レシチンは角質層の角質細胞間脂質に浸透しやすい保湿成分で、肌のバリア機能をサポートしたり水分の蒸発を防ぐ働きをします。

セラミド同様ラメラ構造のサポートもするので、乳液や美容液などにもよく配合されています。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は体内で水分を保持する物質として存在しているゲル状のものです。ヒアルロン酸は1gで6リットルもの保水力があります。

化粧品の成分としては「ヒアルロン酸Na」といして配合されています。高い保湿力で角質層の水分を高める効果があります。また、しっとりした質感を肌にもたらし、肌表面に保護膜を形成してくれるので、多くの美容液などに配合されています。

エモリエント成分(油性成分)と組み合わせると、より高い保湿効果が得られ、同時に角質柔軟効果も発揮します。

コラーゲン

体内に存在するコラーゲンは角質層の下の真皮に存在しています。クレンジングなど化粧品に含まれるコラーゲンは、肌から塗布しても真皮のコラーゲンを増やしたりすることはできません。

化粧品などに配合されるコラーゲンは、角質層の潤いを保持するための保湿成分と考えるのが正解です。

とくにコラーゲンは温度が低下している状況でも水分を保持するので、乾燥肌や敏感肌などの肌トラブルのある場合に効果が実感しやすいでしょう。

ちなみに加齢などにより失われる真皮のコラーゲンについては、化粧品ではなく、食事など栄養素によって体内で作り出すように仕向ける必要があります。

エラスチン

エラスチンもまたコラーゲンと同様に真皮に存在する不要性のたんぱく質(アミノ酸)です。真皮に存在するエラスチンはコラーゲン同士をくっつけて網目状に構成する役割があります。その構造が肌のハリや柔軟性を生んでいます。

化粧品に配合される場合、「加水分解エラスチン」と表記されます。これは動物のエラスチンを加水分解して、水に溶ける成分として作り出すからです。

コラーゲン同様、化粧品に含まれるエラスチンは、肌に塗布しても真皮まで浸透することはありません。表皮にある角質層で水分を抱き込んで保持する保湿効果を発揮します。

ちなみにエラスチンも加齢や紫外線ダメージ、生活習慣などで減少していくものなので、これらの対策をすることで真皮にあるエラスチンを減らさないことがエイジングケアとしても大切です。

グリセリン

グリセリンはほとんどの化粧水に含まれている成分です。クレンジングの中にもよく配合されており、化粧品の基材(ベース)になるほか、保湿成分としての役割があります。

グリセリンは近くの水分を吸着するタイプの保湿成分なので、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどと比較すると保湿力は劣ります。しかし、安全性が非常に高いので、多くの化粧品や医薬品、食品添加物としても利用されています。

化粧品としてはインナードライ肌や混合肌、敏感肌、脂性肌、乾燥肌などあらゆる肌質で使える成分なのです。

また、グリセリンは高濃度に配合されている場合、水と混ざると発熱する性質を利用して、ホットクレンジングなど温感化粧品としても使用されます。

プラセンタエキス

プラセンタエキスは馬、豚、ヒツジの胎盤から抽出されたエキスです。美容で期待できる効果は保湿のほかに、血行促進、新陳代謝アップ、メラニン排出作用などがあり、さらに厚生労働省がシミ抑制作用があると認可している有効成分でもあります。

プラセンタエキスは胎児を育てる胎盤から抽出したものなので、豊富な栄養素が含まれています。たんぱく質、アミノ酸、脂質・脂肪酸、糖質、ビタミン類、ミネラル、酵素などです。

プラセンタエキスに含まれるアミノ酸は、角質層のNMF(天然保湿因子)の主成分ですから、高保湿作用とバリア機能のサポートが期待できます。

プロテオグリカン

プロテオグリカンはコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンと同じように真皮を構成する物質の一つです。また、軟骨などのクッションとしての働きを維持する成分でもあり、加齢とともに減少していくことも知られています。

化粧品に配合される場合は「水溶性プロテオグリカン」と表記されます。しかし、肌に塗布しても真皮にまでは浸透しないので、体内にもともとあるプロテオグリカンの代わりになることはありません。

化粧品に入っているプロテオグリカンは角質層に浸透して、保湿効果を発揮します。保湿成分としてはヒアルロン酸の1.3倍のパワーがあると考えられています。

シアバター

シアバターはハンドクリームなどの乾燥を防ぐものによく配合されています。化粧品の表記では「シア脂」などと書かれています。

シアバターは乾燥地帯に育つシアの木という植物から得られる植物性の油脂です。

シアバターの主成分は脂肪酸でとくにステアリン酸とオレイン酸が多く、これらは人の皮脂の成分でもあり、人の肌になじんで浸透します。さらにシアバターは長時間保湿効果が持続するのも特徴で乾燥から肌を守ってくれます。

ただし、シアバターはあくまで肌の水分を蒸発させないという効果のため、水分を補給したり与えたりすることはできないので、ヒアルロン酸やセラミドなどの高保湿成分と併せて保湿効果を発揮します。

スクワラン

スクワランは植物や動物などから抽出したスクワレンという成分に水素を添加して安定性を増した成分です。スクワランは人間の皮脂にも含まれていて、水分などとまざって皮脂膜を形成し、紫外線や乾燥などから皮膚を守っています。

スクワランは30代頃から生成量が減少していくので、加齢による肌の乾燥の原因となっています。だからスキンケアでスクワランを補給するというのは大切です。

スクワランは深海鮫の肝油から抽出される動物性スクワランと、オリーブオイルなどから抽出される植物性スクワランがあります。どちらも天然由来の成分で安全性が高いものです。石油由来のスクワランもありますが、石油から合成するほうがコストが高いのでほとんど使用されていません。

スクワランは保湿のほかに、肌の古い角質を柔らかくして落とす「角解作用」があるので、クレンジングの洗顔効果にも役立っています。

人気の敏感肌クレンジングはこちら

敏感肌クレンジングのエイジングケア成分による効果

美肌

20代後半から30代に差し掛かると実感はしないかもしれませんが、徐々に肌の代謝が落ちてきて、真皮にあるコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなど、肌のハリをつかさどる物質が減少していきます。

「何となく乾燥しやすくなったかも・・・」「日中に肌がくすんでくる・・・」ということがあればエイジングサインが出てきたということです。

目に見えての変化というのは、頬にシミが浮き上がってきたり、目じりの小じわが気になったりということがあります。40代に差し掛かってくるとほうれい線や肌のたるみ、化粧ノリが悪くなるなど感じる人もいるでしょう。

こういったエイジングサインに対してお手入れするのがエイジングケアで、スキンケアで保湿するのはもちろんですが、紫外線対策、食事での栄養補給、運動、生活習慣の改善など、いろんな角度からアプローチをするのが効果的です。

クレンジングでも保湿成分や美容成分が配合されているものがあり、エイジングケア効果のあるものを使用することで、肌を乾燥させずにスキンケアに移行できるので肌負担が少なくなります。

関連記事:肌に優しく保湿もできる敏感肌クレンジングのおすすめ

キャリアオイル(天然オイル)成分でクレンジング効果

キャリアオイルクレンジング

クレンジングオイルはクレンジングに含まれる油分が、メイクの油分と混ざって洗浄する原理です。ということは、「他のオイルでもクレンジングできるのでは?」ということで使われたのがキャリアオイルです。

キャリアオイルというのはアロマテラピーなどで、精油を希釈するために使用する植物油です。アロマオイルで使うエッセンシャルオイル(精油)は高濃度で、マッサージなどをする際に直接肌には塗れないので、それを薄めるための天然オイルがキャリアオイルなのです。

キャリアオイルは100%オイルなので、ケミカル成分などが一切入っていないということで、クレンジングの代わりに使うと肌に優しいと言われています。また、オイルに含まれる栄養素が肌に浸透して肌細胞を活性化させる効果も期待できます。

食用油ではないので注意してください。アロマショップなどで購入できます。

以下にクレンジングとして利用されるキャリアオイルを紹介していきます。

関連記事:敏感肌クレンジングの使い方

オリーブオイル

オリーブオイルの主成分はヒトの皮脂に近いオレイン酸が70%~80%なので、肌への刺激はほとんどありません。

テクスチャはやや重めですが、クレンジングとしての汚れを浮かす洗浄力は強いです。クレンジング後はしっとりとした肌になるので乾燥肌を予防できます。逆にオイリー肌の人はべたつきやすいので不向きだと言われています。

ただし、オレイン酸はニキビの原因となるアクネ菌の餌になってしまい、ニキビを悪化させることがあるので、ニキビがある人やできやすい人は注意が必要です。

オリーブオイルを選ぶときには特に品質の高いエクストラバージンオイルを選ぶと酸化しにくいのでおすすめです。

ココナッツオイル

ココナッツオイルはヤシの実から抽出されるオイルで、約25度で溶ける性質のある高飽和脂肪酸です。飽和脂肪酸は常温では固形を保つものが多いのですが、ココナッツオイルは融点が低く、25度以上の場合は液体で存在します。

クレンジングとして利用する場合は、精製されていないエキストラバージンココナッツオイルを使用するといいでしょう。エキストラバージンココナッツオイルは独特の甘い香りが強いのでリラックス効果も期待できますよ。

アロマテラピーでのよく使用され、皮膚に塗布すると肌を柔らかくする効果があり、クレンジングとして毛穴を開いて汚れを落としやすくします。

また、ココナッツオイルは皮膚に浸透しやすく、エイジングケア成分や栄養素も豊富なので美容としての効果も期待できますよ。

ホホバオイル

ホホバオイルはホホバという植物の種子から抽出されたオイルです。ホホバは砂漠など過酷な環境で育つ植物のため、生命力が強く酸化しにくい性質があります。

酸化しにくいということは、劣化しにくく安定しているということなので、クレンジングオイルとして商品化されているものもあります。無印良品のホホバオイルなどがそうです。

主成分はワックスエステルという脂肪酸で、ヒトの角質層にも3割程度含まれているので、肌なじみが良く刺激もほとんどありません。サラッとしたテクスチャで軽いですが、保湿力や浸透力があり乾燥しにくいオイルです。

商品としては精製されている無色透明のホホバオイルと、精製していない黄色のエクストラバージンホホバオイルがあります。クレンジング化粧品として販売されているものは精製されている無色透明のホホバオイルが多いです。

アルガンオイル

アルガンオイルというのはアカテツ科の植物から抽出されるオイルです。ホホバ同様過酷な環境で育つ植物で、生命力が強く酸化しにくいのが特徴です。

主成分はオレイン酸でヒトの皮脂に近い成分なので肌なじみが良く刺激も少ないです。ただし、オリーブオイル同様ニキビが気になる人は注意が必要です。

アルガンオイルはさらにビタミンEが豊富に含まれていて、オリーブオイルの2~3倍ともいわれています。ビタミンEには抗酸化作用があるのでエイジングケア成分としての効果も期待できます。

テクスチャは粘性がありしっとりと重めです。ただ、べたつきはそこまで感じず、使い心地は良いです。また、ナッツっぽい独特の香りがあるので、それが気になる人もいます。

椿オイル

椿オイルはツバキ科の植物の種子から抽出されるオイルです。日本では平安時代から美容に使用されていたという記録があり、綺麗な黒髪を保つのに使われていたというのは知っている人もいるでしょう。

椿オイルの主成分はオレイン酸で含有率は85%も占めています。ヒトの皮脂と同じ成分でもあるので、肌への馴染みは良く刺激もほとんどありません。

オレイン酸が多いとニキビの悪化を促す懸念がありますが、椿オイルには抗菌作用があるサポニンも含まれているので、ニキビの悪化を予防します。

また、肌を柔らかくする成分も含まれていて、古い角質をはがれやすくしたり、毛穴を開いて汚れを取り除きやすくする効果がきたいできます。

未精製のものは粘性があり独特な香りもあるので、気になる人は精製された無色透明の椿オイルを使うと良いでしょう。

セサミオイル(ごま油)

セサミオイルというのは簡単に言えば「ごま油」です。ゴマ科の植物の種子から抽出されるオイルで、インドでは古くからアーユルヴェーダで肌に塗ったり、飲んだりされていました。

キャリアオイルのセサミオイルは、食用のごま油とは違い、純度が高く香ばしい香りもありません。食用と区別するために「太白ごま油」「白ごま油」などとも言われています。

酸化しにくく劣化しにくいのもクレンジングに向いています。主成分はオレイン酸とリノール酸で、ほかにビタミン類やカルシウム、マグネシウムなども豊富に含まれています。

また、抗酸化成分であるリグナン、セサミン、セサモリン、セサモリノール、セサモールが肌に浸透するとエイジングケア効果も期待できます。

テクスチャは粘性がありやや重い使い心地です。

スクワランオイル

スクワランオイルというのは、スクワレンという成分を元にして作られたオイルです。

スクワレンは深海鮫の肝油から抽出した動物性と、オリーブオイルやベニバナオイルから抽出した植物性のものがあります。抽出したスクワレンに水素を添加して安定化するとスクワランオイルになります。

一般的に流通しているのは純度の高い動物性のものが多いです。ただし、動物性のスクワランオイルに含まれる「プリスタン」という物質に刺激を感じる人もまれにいるので敏感肌の人はパッチテストなどをしたほうがいいでしょう。

スクワランはもともと肌に存在するうるおい成分で、肌の水分と混ざると天然の皮脂膜を作り肌を乾燥や紫外線から守る働きをします。30代を過ぎるとだんだんとスクワランが減ってくるので乾燥や小じわの原因となるわけです。

テクスチャはサラッとしていて軽く、使い心地の良いオイルです。

クレンジングに含まれるニキビ予防成分

クレンジングで毛穴を清潔にしていればニキビになるリスクは少なくなります。

しかし、ニキビというのは、毛穴の汚れや皮脂だけが原因ではないので、どんなタイミングでアクネ菌が増えるのかはさまざまなケースがあります。だから、クレンジングでも抗菌作用のある成分を配合していて、毛穴の雑菌などを増やさないようにしているものも多くあります。

以下のような成分が配合されているとニキビ予防の効果が期待できるでしょう。

ホホバ種子油

ホホバ種子油はシムモンドシア科の植物ホホバの種子から精製される黄色のオイルで、酸化しにくく劣化しにくいのが特徴です。クレンジングではメイクなどの油性汚れを溶解する洗浄成分として配合されています。

ホホバオイルは肌につけてもニキビになりにくいとされていて、ニキビに悩む人の乾燥予防や皮膚の保護のために使用されることもあります。

また、角質層の水分の蒸発を防ぐ保湿効果も高く、敏感肌でも使いやすい天然由来のオイル成分です。

10-ヒドロキシデカン酸

10-ヒドロキシデカン酸は不飽和脂肪酸の一種で、ローヤルゼリーの構成成分の一つとして知られています。

皮脂の分泌を制御してニキビを予防する効果が期待でき、皮脂トラブルの原因となるマラセチア菌などの真菌を抑制する抗菌作用も期待できます。

副作用やアレルギーの報告もなく敏感肌でも使える成分として安心です。

セバシン酸

セバシン酸は有機化合物のひとつで、トウゴマ種子から精製されるヒマシ油から作られる成分です。

抗菌作用が認められていてニキビ予防の効果も期待できます。

またローヤルゼリーの抗生物質のひとつでもあり、シミやそばかすを防ぐ抗酸化作用や美肌効果も期待できます。

酢酸トコフェロール

酢酸とビタミンE(トコフェロール)のエステルで植物オイルなどに溶解しやすい物質です。

クレンジングに含まれる場合、皮膚の酵素と結合してビタミンEとなり、代謝促進効果、炎症作用、抗酸化作用、血行促進などの働きをします。

また、酸化を抑制するので肌荒れの防止やニキビの予防などの効果が期待できます。